キーワードマッチって何?リスティング広告の成否を分けるルール

キーワードマッチって何?リスティング広告の成否を分けるルールLPOランディングページ最適化ブログ PROPO 中尾豊

Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告のリスティング広告を運用する上で必ず知っておかなければいけないルール。それがキーワードマッチです。
キーワードマッチ

リスティング広告の目的は集客、売上向上などビジネスを大きくすることです。

登録したキーワードと近い語句やフレーズ(言葉の組み合わせ、句)で検索された際に、どこまでの範囲で広告を表示するかを決めるために必要な設定で、広告の露出頻度、広告費の消化、ターゲティングととても重要な意味を持ちます。

効果的な運用を行っていくために、必ず理解しておかなければいけない仕組みです。

キーワードマッチの種類

ビジネスチャンスを可能な限り広げようとした場合、なるべく広告が表示されるように設定して、多くの見込み客にアプローチする必要があります。
この場合は部分一致というマッチタイプを使います。

反対に広告予算が限られていて、できるだけ広告の露出を制限して運用する場合は完全一致を使用します。

このようにキーワードマッチを使い分けることで、ビジネスの規模、予算規模に応じた効率的な集客が可能になります。

※ちなみにマッチタイプを何も指定しない場合は、部分一致というタイプが使用されることになります。
キーワードマッチには以下の4つがあります。

    キーワードマッチの種類

  • 部分一致
  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 絞り込み部分一致

図にするとこんな感じです。
キーワードマッチ
今回は代表的なキーワードマッチの「部分一致」と「完全一致」を説明します。

部分一致とそのメリット

部分一致は、検索キーワードとして登録した語句だけでなく、そのキーワードの類義語や関連語句、表記のゆれ(例えば「ダイヤモンド」「ダイアモンド」というように同じ意味を持つ言葉について、表記が混在している状態を指します。)などに対しても自動的に広告が表示されます。

自分で設定したキーワード以外の多くの検索キーワードでも広告が表示され、ビジネスチャンスが拡大します。

例えば「旅行 かばん」で登録した場合、「旅行 バッグ」「旅行 リュック」「旅行 かばん ブランド」「旅行 かばん おすすめ」などの検索キーワードで検索された時も広告が表示される可能性があります。
部分一致
部分一致を設定するメリットは、入札設定していないキーワードでも広告が表示されるので、より多くのユーザーをウェブサイトに誘導しやすいほか、キーワードの登録にかかる時間を節約することができます。

リスティング広告を利用するときには、広告を表示させたいキーワードを管理画面で登録しますが、ターゲットが検索する全てのキーワードを網羅する、登録していくという作業は、不可能です。
しかし部分一致を利用すれば、登録していなかった検索キーワードでも表示されるので、意外なキーワードで集客、売上アップする可能性があります。

部分一致とそのデメリット

部分一致を利用するときのデメリットは、狙っていないキーワードで広告を表示されて広告をクリックされる場合があるので、無駄な広告費を消化することです。

例えば「旅行 かばん」というキーワードに入札し、旅行かばんを販売したい場合、部分一致の設定を行なったとします。

この場合「旅行 かばん 機内持ち込みサイズ」という検索キーワードで広告が表示される可能性があります。

このキーワードを検索するユーザーは「今度飛行機で旅行に行くときに、どのくらいのサイズまでが持ち込み可能なのだろう?」と考えている可能性が高いので、旅行かばんを購入する可能性が低いユーザーです。
そのユーザーに広告をクリック(課金)されてもすぐにホームページから離脱される可能性があり、無駄に広告費を払う結果になります。

部分一致を利用しながら無駄な広告費を削減する方法は「除外キーワード設定」というものがあり、表示させたくないキーワードを登録することで無駄な広告費を削減することができます。

完全一致とメリット・デメリット

完全一致は、検索語句がキーワードと完全に一致し、前後に他の語句が入力されていない場合のみ広告が表示されます。

「旅行 かばん」の場合、「旅行 かばん」の前後に他の語句、例えば「サイズ」「海外」などが無いときに広告が表示されます。(「旅行かばん」と言葉の間にスペースが無い状態でも表示されます)
完全一致

 ちなみに、キーワードの変換ミスや省略形、漢字、ひらがな、カタカナの表記違いなど、ユーザーが入力したキーワードと登録キーワードの表記が違う場合でも、同じキーワードであると判断した場合は表示されます。

 完全一致を使うメリットは無駄なクリックが無いので広告費の削減を図れることです。
つまり部分一致と違い、ピンポイントでユーザーに訴求するため、余分な広告費を発生させる確率が非常に低いのです。

 完全一致を使う場合のデメリットは、広告が表示される回数(インプレッション数)が大幅に減り、機会損失が大きいということです。

部分一致の場合は、類義語や同義語でも広告が表示されるため、リスティング広告の設定時に見つけられなかった検索キーワードで集客、売上アップする可能性がありますが、完全一致の場合はその可能性は0になります。※表記ゆれ、変換ミスの場合は表示されます。

限られた予算、低予算での広告運用時の場合を除き、完全一致を使用するタイミングは考慮しましょう。

キーワードマッチを理解することで、リスティング広告運用を成功に導くことが可能です。

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です