Google AnalyticsでGoogle Adwordsの掲載順位を確認する方法

Google AnalyticsでGoogle Adwordsの掲載順位を確認する方法LPOランディングページ最適化ブログ PROPO 中尾豊

画像1-01 以前はGoogle Analyticsの「Adwords」>「キーワード」>「掲載順位」でGoogle Adwordsで広告が掲載された順位を調べることができました。

しかし現在はその機能がなくなり(2015年4月現在)Google Analyticsでかんたんに掲載順位をチェックできなくなりました。

でも実は掲載順位を調べることができなくなったわけではなく、確認する手段が変更されただけなのです。

今回の記事では、Google Analyticsで掲載順位を調べられなくなって困っているあなたに、管理画面から掲載順位を確認する方法を公開します。

Google AnalyticsからGoogle Adwordsの掲載順位を調べよう

まずはGoogle Analyticsにログインして左メニューの「集客」>「Adwords」>「キャンペーン」と進みます。 画像1-02

 

「プライマリディメンション」で「広告グループ」を選択します。

画像1-03

 

次の画面に遷移すると、Adwordsの広告グループごとのデータが表示されました。ここから掲載位置を調べたい広告グループを選択します。

画像1-04

 

今回はコンバージョンがあった広告グループを調査したいので、対象の広告グループを選択したあと、「プライマリディメンション」から「キーワード」をクリックします。

画像1-05

 

選択した広告グループのキーワードが表示されました。最後に「セカンダリディメンション」から「広告スロット位置」を選択します。

画像1-06

 

キーワードごとの広告スロット位置、つまり広告掲載位置が表示されました。

表示された掲載位置とコンバージョンの数値を見比べながら、どの位置に広告が掲載されると一番効果があるのかを検証していきます。 画像1-07 必ずしも広告の上位枠に入ることが広告のベストパフォーマンスというばかりではないはずです。Google Adwordsの管理画面からも掲載位置を調べることはできますが、あくまでも「上部」「下部」というような大枠でしか情報を得ることができません。 ですが、Google Analyticsだと広告掲載位置がわかり、さらに直帰率、ページ/セッションなどの行動データも取得できるので広告経由のユーザーを深堀して調査することも可能です。

広告掲載位置の費用対効果を調べることで上限CPCを調整し、顧客獲得コストの軽減を図ることもできますので、是非この機能を使いこなしましょう。

 

メルマガバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です